リウボウ旅行サービス格安な沖縄旅行・ツアー・オプショナルツアーならリウボウ旅行サービス

TOP > 〇〇へ行ってきました > 歩の旅歩き 中国(桂林・蘇州・上海) 2019年3月

〇〇へ行ってきました!

歩の旅歩き 中国(桂林・蘇州・上海) 2019年3月


歩の旅歩き 中国(桂林・蘇州・上海)

 

先日、添乗で中国(桂林・蘇州・上海)に行ってきました。添乗で感じた事などをまとめました。
今回の行程は桂林2泊、蘇州1泊、上海1泊の4泊5日の長旅です。
初日は移動日となり、中国東方航空(MU)にて上海経由で桂林へ行きました。上海での乗り継ぎ時間は2時間25分でしたがギリギリです。というのも、上海で一度入国審査をするのですが、イミグレーション(入国審査)の前に端末機器で指紋認証があります。

 

指紋認証後、入国審査、乗継手続です。また、徒歩移動距離も長いので時間かかります。
中国で乗り継ぎがある際は、注意が必要だと感じましたし、個人旅行などでも乗り継ぎに時間がかかる旨をお伝えした方が良いと感じました。(中国だけではなく、どこも注意は必要だと思いますが)

 

 

2日目は桂林観光。まずは漓江下り(ロングコース約4時間)です。手続きの際にパスポート確認がありました。混載クルーズ船にて出発です。4~5ヶ所のハイライトポイントがあり、サントリー烏龍茶のCMの場所や中国紙幣に印刷されている場所など。。。船の中は指定席で、デッキにも上がれます。デッキは観光客で溢れかえっていました。昼食は船内で弁当でしたが、イマイチです。予算があるならビュッフェにした方が良いと感じました。あと、スタッフによる船内販売もありました。

 

あとは、船着き場着いて、陽朔(西街)へ徒歩で移動です。お土産屋や出店が並んでいる場所です。そこからバス乗り場までも歩いて移動でした。船着き場から陽朔まで徒歩約20分、陽朔散策(約30分)、陽朔からバス乗り場まで徒歩約15分。結構歩きました。

 

 

3日目は中国東方航空(MU)午前便で上海へ行き、蘇州観光。上海から蘇州まで約2時間移動しました。交通状況もあったので長かったです。蘇州の平江歴史文化街の散策をしました。夕方からライトアップされ、雰囲気や街並み、お洒落なお店などもあり個人的には良かったです。

 

 

 

 

 

 

4日目は午前中蘇州観光、午後上海観光。蘇州は耦園・寒山寺、上海は外灘散策・新天地散策。

 

(耦園)

 

(寒山寺)

 

 

(新天地)

 

外灘の景色ライトアップは印象に残りました。
天気悪く残念でしたが、晴れたらもっとすごいと思います。

 

 

上海ではオプションで雑技団も見学しました。メイン会場改装中との事で、仮設の会場でした。

 

 

最終日は豫園商城散策のあと空港へ。豫園商城はお店がたくさんあり、迷子になるほど広いです。

 


まとめ
桂林・蘇州・上海は初めてでしたが、お客様と楽しく過ごすことが出来ました。今回ホテルは5星のホテルでどこも素晴らしホテルでした。食事はスタンダードでしたので、予算があれば、グレードアップした方が良いかなと思いました。今回の添乗で乗り継ぎの時間、観光先の歩く距離、食事の質を感じられて勉強になりました。

 

※ホテル情報は以下ご確認ください。

 

桂林:桂林賓館貴賓楼(5星) 
※徒歩圏内にスーパー、ローカルコンビニ有。

 

 

 

 

 

蘇州:蘇州雅都大酒店(5星)
※徒歩圏内にローカルコンビニ有。

  

 

 

上海:上海クラウンプラザ復旦(5星)
※徒歩圏内にコンビニ有(ローソン・ファミリーマート)
※周辺はコンビニ以外ないです。タクシーで10分ほどで繁華街です。

 

 

 

中国東方航空について

中国民航分割後、1988年6月25日、今までの民航上海管理局を基盤に設立されました。中国の航空産業の分割に際して誕生した6航空会社の1つです。
2010年には上海航空と、2011年には中国聯航と合併をし、今現在、上海を拠点に日本(17都市)へ週325便(一部経由便あり、コードシェア便含む、貨物便除く)、 世界各都市へのネットワークを有し、中国最大手の航空会社としてほとんどの中国国内の主要都市を網羅しております。
2011年6月には「スカイチーム」に正式加盟をし、現在世界177ヶ国1052都市へのスムーズなお乗り継ぎや、加盟各航空会社とのマイレージプログラム、空港ラウンジなどの提携をすすめ、ますます豊富なネットワークが広がりました。また、日本人客室乗務員を採用しているエアラインでもあり、上海浦東空港にも随時日本人スタッフを配置して、日本人のお客様のニーズに応えるべく、サービスの向上に努めております。

中国東方航空公式webサイト「会社概要」より抜粋

 

<その他>
2019年8月現在、沖縄・那覇空港 から上海(浦東)、杭州へ直行便が運航されています。
日本国籍の一般旅券所持者は15日以内の観光は査証不要となっております。(旅券の残存期間は入国時6ヵ月以上推奨)。

 

2019.08.02

出発空港

目的地

出発予定日

旅行日数で検索

こだわり条件で検索

*国内航空機利用ツアーは、出発7日前(当社営業時間)まで受付

おしらせ
スタッフおすすめ
ツアーまとめ